1cm100mブログ

鬱にどっぷり浸るのは気持ちいいことではあるが

2016-08-05 11:11:18  |   より大きな自分を目指して

もともと明るい方ではなかったが、それでも過去の自分を振り返ると、けっこう無邪気だったよなぁと思わずにいられない。 のび太くんみたいな軽さがあったよ、かつてのぼくは。

ほら、のび太くんってさ、いじめられっ子で決して社交的なタイプではないけど、 といってどんよ〜り沈んでるわけでもなく、案外とお調子者で根っこが軽い感じあるじゃない。

昔のぼくはああだったんだよな。
いかにもFさんのマンガの主人公的な、弱さと軽さを併せ持っていたと思うのだ。

その軽さをいま失いかけてる。心がこの数年で急速に年をとった。
正真正銘の根暗になった。 ウツ体質になり、特にこれといった理由もないのにドップリ落ち込む時間が増えた。

なんで暗い性格に固まってしまうんだろ。別にそれがいいと思ってるわけじゃない。 よーし俺は根暗キャラで地位を確立するぞーとか、暗い性格を武器に人生切り開くぞーそっちの方が強いからな、とか思ってるわけじゃない。

でもズルズルと暗い方向へ引きずられていく。
明るい人からすれば、自分から好きで選んでいるように見えるだろう。

いや、たしかに自分で選んでいる部分もあるのだ。
暗く沈んでいる時間って、つらいはつらいんだけど、同時に甘美な癒しでもある。

もうだめだと弱音を吐くとき、エネルギーが解放されたような心地よさがある。
立ちっぱなしの電車でやっと席に座れたときのじわーっと癒しが広がっていくあの感覚だ。あ〜ホイミだわぁこれみたいな。

人間立っているより座っている方が楽で、座っているより寝ている方が楽だ。
重力に逆らわず下へ下へ行くほど身体が楽になる。

同じように、心も下へ下へ沈んでいくほど、なんか楽になる感じがある。
その甘美な魅惑に取り憑かれる。それがうつ病ではないだろうか。

ドップリ落ち込んでる人というのは、つまり心が横になって寝ている状態なのだ。
疲れた心を休めていますという感覚にいる。身体は起きながら心は寝ているのさ。

それは悪いことなのか?心を横にして休ませるのはダメなことなのか?
さぁねわからないが、とにかく寝たきりになるようではまずい。

心を下へ下へ沈ませていく魅力にとりつかれると、いつしか心は地面を突き抜けて水中にまで潜ってしまう。 その段階に達すると、もはや下へいくことは回復ではなく消耗になる。

本当は水圧で押しつぶされてるのに、本人はそれに気付かず、 もっと下へもっと下へとより楽なポジションを探し続けるのだ。

実際ウツの人ってそうだろ?
もっと潜りたいもっと潜りたいという誘惑を感じているはずだ。

それは心の暴走だ。 何の役にも立たない愚かな行為であり、ただでさえ少ない心のエネルギーを、自分を傷つけることに使っているのだ。 お金を窓から投げ捨てるような、もったいないことなんだ。

気分が沈んでるからといってお金を窓から捨てる人はいない。
そんなことしたら余計に死にたくなるのは見えてる。むしろウツの人ほど、将来の不安を和らげるためにお金を大切にしないといけない。

だったら同じように自分の心のエネルギーも大切にしないと。
ドップリうつに浸ってラリってるとき、エネルギーはどんどん垂れ流されている。

それを放っておいていいのか。アホらしいんじゃないのか。
そう疑問を持つところからスタートしようじゃないか。

まぁね、とはいってもぼくらウツビトに常に明るい気分でいろというのは無理な話なんだよね。

曇り時々雨、みたいな気分なのは仕方ない。そこは受け入れるしかない。
いつも水深5メートルぐらいの冴えないところにいるわけさ。

そこから陸上に這い上がる力はないにしてもだ、大事なのはそれ以上潜らないことだと思う。

5メートルでとどめる。10メートル、20メートルと潜らないようにする。
もっと深くもっと深くという誘惑をはねつける。

何となく憂鬱だなぁと感じた時、それは水深5メートルにいるときの状態なんだ。
これはまぁ放っておくしかない。

でもそこから、はぁ死にたい・・とか、この先何も待ってないよなぁ等の弱音が出てきそうになった時、それこそが誘惑の瞬間だ。 勝負の時だ。

弱音に浸るのに夢中になって、もっと深く水深10メートル20メートルまで潜るのか、それとも現在の水深にとどまるのか、自分で決める。

水深20メートル行きの標識

自分が2択を迫られていることに気付かないまま、何となく流されてズルズル沈むのはよくない。 深く潜るにしても、それを自分で選んだことを認識するのだ。 水深20メートル行きコースを選んだ瞬間が絶対あるはずだから、その瞬間を逃さず、捉える。

そういう癖をつけるのは、ウツビトにとっていいことだと思う。
わざわざ自分で選んでウツになっていることを自覚すれば、そのうちそれが馬鹿らしくなって止められるかもしれないじゃないか。

ウツへの誘惑はとても甘美で強いものだけど、 今が分かれ道だ、という勝負の瞬間を自覚できれば、10回のうち1回は勝てるかもしれない。 ウツに浸るのやーめた、を選べる時があるかもしれない。

そしたらそれを2回3回へと増やしていくことも可能なんじゃないかと思うよ。
だんだん勝ち方のコツがつかめるかもだ。

ちなみに自分の経験でいうとだね、 ウツ誘惑に勝てるときというのは、マイナス思考を強靭な精神力でふんぬらばぁぁ!と押し出して勝つというのではないんだ。

むしろフッと冷静になって、誘惑をひょいっと片手で払いのける感じ。
今忙しいから後でね、と顔も向けずにあしらうみたいに。

クッキーの缶のぷちぷちをつぶしている時に、おっとこんなことしてる場合じゃないやと我にかえる瞬間があるじゃないか。 あれだ。

ウツになんかなってる場合じゃないんだよ、お前と遊んでる暇なんかないんだよ、
という感じで、サッと軌道修正するんだな。

なんかその辺にね、鬱バスターになるための極意がありそうに思うんだ。
合気道みたいに軽く投げる。

COMMENT: 0

貧乏人への税金が高い!

2016-05-23 08:38:23  |   軽めに

数年前までニートみたいなもので、親に寄りかかって生活していた。
当時の生活費は月に10万円ちょっとだったと思う。家賃も込みで。その全てを援助に頼っていた。

その後少しずつお金を稼ぐようになり、親への依存度が低下。
そして3年前に130万の収入で、ニート脱出宣言に至る。

おととしの収入は200万、去年はややさぼり150万。
しょぼいながらも自分が自立していることは疑わなかった。

自立して以降も甘々の親は何だかんだとお金を降りこんでくれるので、そのぶんは貯金にまわしていた。 口座のお金は順調に増えていった。

しかし自分が稼いだお金と、親から振り込まれたお金とが混ざる。
トータルで貯金が増えているのだからまぁいいやで流していたが、実際んとこ自分が稼いだお金だけで見るとどのぐらい貯金ができているのだろうとふと思った。

調べてみてびっくりよ。貯金どころか赤字だった。
なんということだろう。ぼくは自立できていなかったのだ。

200万円の収入の一昨年ですら、1年通して5万円くらいの赤字。
150万円の去年にいたっては60万円ぐらい損を出してる。

なぜこんなに使っているのか。
たしかに昔より生活の質が上がりプチリッチ生活を送っていたとはいえ、それでも月に12万ぐらいの支出のつもりだった。

ときどき大きな買い物はあったけれど、一昨年の200万のときにできた余剰で、まぁ吸収できてるだろうのはずだったんだ。

それが全くできてない。

考えていくとだ、いちばん大きな原因は税金だった。
国税、市民税、健康保険。

例えば去年はこれが全部で40万円ぐらいあったと思う。
つまりは一昨年の収入への税金なんだけどね。すっごい高い。

でぼくはこの税金を毎月こつこつ払うのが嫌だったから、最初に一括で払っていたの。
でそのぶんを何となくノーカンにして、収支から外していたと。

なにせニート時代は税金ほとんどなかったからノーカンでも支障なかったし、 税金を払うのは偉いことなんだから、自分のために使う毎月の生活費とは違うのよ、みたいな感覚もあった。

税金を月の金額に直せば3万5千円ぐらいだ。
そのぶん上乗せすれば、生活費は毎月15〜6万必要だったのだ。

もうすっごい憂鬱になる・・。
やっとニート生活を脱出してゴールに着いたかと思ったら、ゴールのほうが走って遠くに逃げた感じ。 ふざけんなよと。

なんで貧乏人からこんなに税金をとるんだ。高すぎだ。
だってあれだ、聞くところによれば生活保護は毎月12〜3万円でるという話じゃないか。

つまり人間らしい生活を送るのに最低でも年に144万円は必要って判断なんでしょ?

でもぼくは税金払ったら彼らより収入下がるんだよ?
去年の収入は150万だけど、それにかかる税金がたぶん30万弱。
差し引き120万しか残らない。

じゃ税金払うために生活保護にいれてくれよって話さ!
差額の24万くれよ!

ま生活保護に入ったら、税金払う必要なくなるけどな ー( ̄∇ ̄)

かつて月10万そこそこで生きていたぼくにとって、毎月15〜6万稼げというのは非常に精神にくる・・。
一昨年はクリアできたけど、それは貯金をしたかったからであって、税金を払いたかったからではないんだよ。

今は月12万で生活できるつもりだったのが、税金を払うためだけにノルマが3〜4万上乗せ。 こんなに楽しいことってないよな!

疲れる・・。

COMMENT: 2

元特殊部隊の隊員はそんな強いのか

2016-04-29 09:34:25  |   軽めに

ハリウッド映画とか海外ドラマにはよく「元特殊部隊隊員」という設定が出てくる。
強いキャラにはだいたいこの設定が付いてる気がする。

実に魅惑の言葉なんだ。「元特殊部隊」。
大したことなさそうに見えたキャラでも、元特殊部隊と聞いた途端に絶対勝てなそうに見えてくる。 言葉の与える絶望感がすごい。

まぁそりゃ強いんでしょうさ軍隊上がりですもの。
ぼくら素人なんざイチコロなんでしょうね、ええ。

でもね、忘れちゃいけないことが一つあると思うんだ。
彼らはしょせん「元」特殊部隊であって、現役ではないってこと。

フィクションでは「元」特殊部隊の主人公なんかが現役の軍隊相手にバキバキに勝ったりするもんだから、 なんとなく「元」と現役はそう変わらない、ないしは「元」のほうが強いことすら珍しくない、と錯覚してしまいやすいところがある。

熟成された年代物のワインみたいなイメージなんだ。
百戦錬磨の伝説の戦士を想像してしまうのだ。

でも考えてみれば、そんなこと現実にはないんだよな。
「元」が「現役」と同じぐらい、ないしはそれ以上に強いはずがない。

野球とかサッカーとかボクシングとかのプロスポーツの世界で、引退した元プロが現役と戦えますか? まったく歯が立たないよ。例外は一度引退して復活したマイケル・ジョーダンぐらいのもんだけど、 ジョーダンは引退後も野球という他のスポーツで現役だったわけだから、また話が違う。

身体を使う分野において、もっとも大事なのは現役であることだ。
現役を引退したら、根っこを切られた花みたいにしおれていく。 そして現役の学生選手にも勝てないぐらいになるのだ、あっという間に。

もしも引退しても互角以上に戦えるというのなら、特殊部隊の世界はロートルでもトップレベルになれる程度の世界であったということだ。 身体能力の限界レベルで戦っていたわけじゃない、ということだよ。

身体能力で勝てずとも経験に裏打ちされた戦略で勝てるのだ!
なんて言う向きもあるかもしれない。

でもそれも信じられない。
サッカーとかアメフトとかのスポーツにだって戦略はあるじゃないか。
じゃ戦略を武器にOBが現役に勝ったりしますか?

戦略だって、現場の最前線にいなければ磨かれないよ。
現役はいつも戦略を練り最新の理論を学んでいるのに対し、「元」はときどき気が向いた時にちょこっと考えるだけだろ。 「元」は現役に、身体能力のみならず戦略でも負けてるんだ。

「元特殊部隊」の肩書きをありがたがるのはもうやめる。
彼らは強いは強いだろうが、現役にはぜんぜん勝てない。

俺は元特殊部隊だ!
と言ってる人がいたらそれは、10年前にプロ野球選手だったんだぜ俺は!と言ってる人と同じなんだと思おうじゃないか。

今はかなりしょぼいんだろうな、まそれでも俺よりは強いんだろうけど。
ぐらいに思っておけばちょうどいいだろう。

ジャック・バウアーみたいなのを想像するのは間違いなのである。

COMMENT: 0

ぼくが考えた最強の警報装置

2016-03-28 09:29:02  |   軽めに

強盗が夜に入ってくるのが怖い。
いかにもお金のなさそうなワンルームマンションだから特段おそれる必要はないのだけれど、 まぁ自分は大丈夫だろうと楽観的になるべきではないと思う。

万が一の場合に備え、枕元に武器を置いている。東急ハンズで買った長さ1mぐらいの樫の棒。 ときどき夢想権之助と化しては、部屋の中で振り回し、鍛錬している。 そういうのはけっこう楽しい。

しかししょせんは素人剣法。頼りないことおびただしい。
アドレナリン全開で痛みに鈍感になっている敵には棒の一撃など案外効かないかもだし、 敵が複数ならお手上げだ。

もっと強力なウェポンはないか考えると、いつも行き着くのは強力な警報装置。

前にも書いたのだが、賊がいちばん怖れるのは大きな音を出されることなのだ。
強力サウンドウェーブこそが最強の武器なのだ。

だからいい警報グッズがないかハンズで探してみたんだけど、なんかね、いまいちなのよ。 ガッカリして何も買わずに帰ってきた。

ほら、小学生がランドセルにつけるよーなやつ。
スイッチ押すとピーピーピーって、あんなのしかないの。

ああいうのって役に立つのか?充分な音が出るのか?
大音量デシベルとかうたってるけど、そんな気がしない。

You Tubeで動画を観たことあるんだけど、しょぼく見えたよ。
目覚ましアラーム的な感じ。

布団の下に入れられたら聞こえないんじゃないの?

もっとパワフルなのが欲しいのよ。消防車のサイレンみたいなやつ。
近くの住民全員がなんじゃこりゃーって飛び起きるようなやつ。

ないなら自分で作れないかと考えた。
コンポの音を最大にしてサイレンのCDかけたら、けっこう強力なんじゃないだろうか。

でも電源切られたらお終いなんだよな。
賊がとっさにそこに気付くかはわからんが。

それに寝ている時に侵入されて気付いたら包丁突きつけられてましたじゃ、警報鳴らす間もない。 不意をつかれてもスイッチ入れられるタイプがいい。

ぼくが思う理想の警報装置は、声に反応してスイッチが入るものだ。
例えば「5138」みたいな4ケタの数字を読み上げるとその音声を認識してスイッチオン、 爆音が響きわたるというもの。

想像してみようよ。気付いたら賊が包丁突きつけていて、口座の暗証番号は何だと訊いてくる。 「え〜と、5138・・」

途端に爆音が炸裂。慌てて逃げだす強盗。
ヒャヒャヒャ、ざまー見やがれバーカおれの勝ち〜、ここよここ(トントン)

楽しいじゃないか。

音を止めるときも別の番号が必要で、強盗には止めることができない。
もちろんバッテリーバックアップ付きで、電源を切っても止まらない。 壊そうにも頑丈な鉄の柵付きで壊せない。

これ最強じゃない?

作成はけっこう余裕なんじゃないのかな。
最近は音声認識が流行ってるし。

誰か作ってくれないかな。
警報は音声認識に限るよ。

みんながこのさいきょー警報装置を持っていたら、救えた命はたくさんあったはずなんだ。

COMMENT: 2

月別リンク(昇順)

  

このページの先頭へ