1cm100mブログ

AIがマンガを描く日はきっと来ない

2018-03-17 16:20:29  |   軽めに

昨今AIが世界を変えると話題にならない日がない。
何かとてつもなく恐ろしい未来が間近に迫っているのではないか、的な不安を覚えている諸君も多いことと思う。

SFみたいにロボットが人間を支配する日が来るかはともかくとしても、 AIを作れるのは大企業だけなわけだから、作る側の大金持ちだけが得をして、庶民はいなくてもいい存在になっていくのではないか。

みたいな心配をするじゃないか。 単純労働はじきにAIの仕事になるから、この先生き残るためには機械が真似できない知的能力を身に付けるしかない、 とはよく言われるところだ。

しかしこないだ読んだとある記事によればだよ、むしろ知的な労働のほうがAIの得意分野なんだってさ。 肉体を使う単純作業は物理的な面でロボットには難しいんだそうだ。

まぁ作業の中身にもよるんだろうけど、清掃とか介護なんて仕事をASIMO君みたいなロボットが行っている姿は、 たしかにあまりに未来的すぎる感じがする。

むしろ医者の診断とか弁護士なんかの知的労働のほうが、早い時期にAIに取って代わられるのではないか、と氏は力説する。 法律相談をどうやってロボットが行うのかイメージがつかめないけど、とにかくAIはすごいんだそうだ。

じゃあ思った。そのうちマンガなんかもAIが描く日が来るんだろうか。
ぼくは昔マンガ家を目指していたもんだからそこに興味がある。

既にAIが絵を描くのはいい線までいってるらしい。
そのうえあと30年くらいの間にAIの性能が劇的に上がる瞬間が来るのだそうだから、マンガぐらい余裕に守備範囲に収まってしまうだろうと考える人が多いのではないだろうか。

それでもぼくは思うのだ。
AIにマンガは描けないと。

というのも、面白い面白くないという人間の感情は非常に繊細で、合気道の技みたいに1mmポイントがずれただけで効かなくなってしまう。 人物の眉毛の角度がほんのわずかずれただけで、もう面白くなくなってしまうかもしれないのだ。

そういう世界をAIが支配するのはさすがに無理なんじゃないか、というのが1つ。

もう1つはだ、たしかAIって精度を上げるために膨大な機械学習が必要なんでしょ? じゃ面白いマンガを描くためには、膨大な数の面白いマンガをまずデータとして与えないといけないわけだ。

でも名作マンガって、そんなにたくさんないよね?
じゃデータぜんぜん足りないんじゃないの?

例えば鳥山明みたいな作品をロボットに描かせたいから、データをインプットしましょう。

となってもさ、せいぜい1万ページくらいしかないと思うよ、鳥山さんの作品全てかき集めても。 機械学習ってそんなんで足りるの?100億ページくらいは必要なんじゃないの?

囲碁の世界でチャンピオンになったアルファ碁というソフトは、 AI同士の対戦結果をデータとして学習していた、すなわち学習データそのものを自分で作っていた、というけれど、

囲碁は勝ち負けのルールが決まってるんだから、そんなこともできましょうよ。 でもマンガの面白い面白くないは人間が判断するしかないわけで、じゃAIの作った100億ページぐらいのマンガを人間が読んで、 この部分は面白いですねこの部分はダメですねここは鳥山明っぽいですね・・・

とかそんな風に学習させていく手間をかけられますかね?
難しいんじゃない?

加えてだ、面白さの基準ってどんどん変わっていくじゃないか。
30年前の名作マンガは今読めばあんまり面白くないかもしれない。最初読んだ時は新鮮で面白かったギャグも、2回目3回目はぜんぜん面白くないかもしれない。

囲碁や自動車運転の世界と違って、マンガはルールそのものが変化していく。

そういうもろもろの困難を乗り越えて、やっとのこと過去の名作っぽい作品を作れたとしてもだよ、 明らさまに作風をパクっているその作品は読者から軽蔑されるだけかもしれない。 読者は名作とそっくり同じマンガなんて求めてやしない。

ということでぼくは30年後も100年後もAIはマンガを描いていないと思う。 そう信じたい。

それでもできるというならやってみせろよ、AI来いよおらカマーン (屮゜Д゜)屮

と私は言いたいのである。

COMMENT: 1

2017年12月 ホームページ制作実績

2017-12-09 15:54:05  |   ホームページ制作実況中継

サムネイル

久っさしぶりに作成したホームページです。

行政書士さんのサイト。
相続に必要な戸籍をあなたに代わって集めます、というもので、まぁニッチなジャンルです。

情報量では現在のところ勝っているように思います。
戸籍の取り方について本気で解説しているサイトは、他に見当たりません。

ライバルサイトがめんどくさがっている部分に、こちらは果敢に切り込んでいる。 なのでそのうちアクセスは取れそうです。

しかしそのアクセスが集客につながるのかはわかりません。

COMMENT: 0

漠然とした不安や憂鬱はただの誤報

2017-10-29 09:36:12  |   より大きな自分を目指して

昔、老人ホームの警備員のアルバイトをしてたんだけど、 時々、認知症の老人が火災警報のボタンを押してしまうことがあった。

警報が館内に響き渡り、介護スタッフがぼくの所へやって来る。
例によって誤報ですんでよろしく、みたいな感じで、こっちは後始末に追われるわけだ。

大音量の警報がとつぜん鳴ればもちろんみんなビックリするんだけど、 どうせ誤報なんでしょ今回もと思っているから、パニックになったりはしない。 警報を真に受けることなく、賢く距離を取ることを覚えていた。

こういう態度って、自分の心との付き合いにおいても大事なことだと思うようになった。 心の発する警報を真に受けない。自分の心をあまり信用しない方がいいってこと。

ぼくはうつ気質なもんで、しょっちゅう不安や憂鬱に襲われる。 これは心の発する警報みたいなものだ。何かやばいことが起きてるから対処しろ、のメッセージだ。

でも多くの場合、やばいことなんて別に何も起きてやしない。
ぼくの心の中に住む認知症の老人が、警報器のスイッチを押しただけなのだ。

そういう何の意味もない誤報を、心というのは実にしょっちゅう鳴らしてくれる。 それを真に受けて振り回されてクタクタになるのは愚かなことだ。

こないだ動物の心について1冊の本を読んだんだけど、面白い事例が載っていた。 家の中の飼い猫が、窓の外に見知らぬノラ猫を見たとするじゃないか。

そのとき猫は、近くにいる仲間の猫や飼い主を攻撃することがあるんだって。

意味わからないでしょ?
なんで関係ない味方にアタックするんだろう?

つまりこういうことなのさ。
見知らぬ猫を外に見たとき、まず飼い猫は不安を覚え、その不安が怒りを呼び、攻撃スイッチが入る。

しかしスイッチが入ったところで相手の猫は窓の外にいるんだから、攻撃することができない。

すると繰り上げ当選みたいな論理で、てきとーに手近にいる猫や人間を替わりの攻撃対象にしてしまうと。 転嫁攻撃というんだそうだ。

こういう話を聞くと、猫とはなんとアホな生物よなと思うじゃないか。 まるでバグだらけのソフトウェアだ。

でもたぶん僕たち人間の心も、それとあんまり変わらないんだ。
生物の脳とか心というのは、そんな高品質のプログラムで動いていないんだと思う。 すんごい単純な仕組みでいい加減に作られてるんだよどうせ。

だからしょっちゅう間違いをおかす。
意味のない警報、意味のない命令、意味のない反応を連発してくれる。

そんな粗悪な出来の感情システムに、多くの人が振り回されてクタクタにさせられている。 このポンコツシステムが人類に与えたダメージは計り知れない。

自分の心は信用に値しない。ようやく最近そこに気付いたのさ。
これまでもそういう内容の本なりを読んだことはあった気がするんだけど、なぜか心に入らなかった。

さっきの猫の心の話と、昔の老人ホームの警報エピソードを思い出したとき、なんか突然に目覚めた。 ああ警報は嘘だったんだと。

認知症の老人が3ヶ月に1回ぐらいの頻度で押してた火災警報と同じぐらいの信頼性で自分の心の警報が発動していることを、やっと実感できるようになった。

特に理由もなく憂鬱な気分になったときは、 まーた誰かがスイッチ押したよ、まいったなぁ。 まぁ30分もすれば静かになるだろどうせ、

とそんな風に自分の心を突き放そう。
ぼくたちを苦しめるめくるめく脅威は、実際には存在しない。

COMMENT: 1

数字の「4」を大人っぽく書く方法

2017-07-29 18:00:26  |   軽めに

数字の「4」を書けと言われたらこんな風や・・↓

普通の4

こんな風に書く人が多いと思う。↓

普通の4その2

まさにこれこそ「4」じゃないか。
パソコンのフォントでも大体こんな形をしているよ4は。

しかし最近誰かの書いた字を見て気づいたんだけど、
こういう風にするとよりビターで渋い大人っぽい4になる。↓

大人っぽい4

2本の縦線を少し斜めに、かつ平行に書く。
いかにもお店の受付の人が書きそうなプロっぽい雰囲気になると思うのだがどうだろう。

COMMENT: 1

月別リンク(昇順)

  

このページの先頭へ