1cm100mブログ

2017年12月 ホームページ制作実績

2017-12-09 15:54:05  |   ホームページ制作実況中継

サムネイル

久っさしぶりに作成したホームページです。

行政書士さんのサイト。
相続に必要な戸籍をあなたに代わって集めます、というもので、まぁニッチなジャンルです。

情報量では現在のところ勝っているように思います。
戸籍の取り方について本気で解説しているサイトは、他に見当たりません。

ライバルサイトがめんどくさがっている部分に、こちらは果敢に切り込んでいる。 なのでそのうちアクセスは取れそうです。

しかしそのアクセスが集客につながるのかはわかりません。

COMMENT: 0

漠然とした不安や憂鬱はただの誤報

2017-10-29 09:36:12  |   より大きな自分を目指して

昔、老人ホームの警備員のアルバイトをしてたんだけど、 時々、認知症の老人が火災警報のボタンを押してしまうことがあった。

警報が館内に響き渡り、介護スタッフがぼくの所へやって来る。
例によって誤報ですんでよろしく、みたいな感じで、こっちは後始末に追われるわけだ。

大音量の警報がとつぜん鳴ればもちろんみんなビックリするんだけど、 どうせ誤報なんでしょ今回もと思っているから、パニックになったりはしない。 警報を真に受けることなく、賢く距離を取ることを覚えていた。

こういう態度って、自分の心との付き合いにおいても大事なことだと思うようになった。 心の発する警報を真に受けない。自分の心をあまり信用しない方がいいってこと。

ぼくはうつ気質なもんで、しょっちゅう不安や憂鬱に襲われる。 これは心の発する警報みたいなものだ。何かやばいことが起きてるから対処しろ、のメッセージだ。

でも多くの場合、やばいことなんて別に何も起きてやしない。
ぼくの心の中に住む認知症の老人が、警報器のスイッチを押しただけなのだ。

そういう何の意味もない誤報を、心というのは実にしょっちゅう鳴らしてくれる。 それを真に受けて振り回されてクタクタになるのは愚かなことだ。

こないだ動物の心について1冊の本を読んだんだけど、面白い事例が載っていた。 家の中の飼い猫が、窓の外に見知らぬノラ猫を見たとするじゃないか。

そのとき猫は、近くにいる仲間の猫や飼い主を攻撃することがあるんだって。

意味わからないでしょ?
なんで関係ない味方にアタックするんだろう?

つまりこういうことなのさ。
見知らぬ猫を外に見たとき、まず飼い猫は不安を覚え、その不安が怒りを呼び、攻撃スイッチが入る。

しかしスイッチが入ったところで相手の猫は窓の外にいるんだから、攻撃することができない。

すると繰り上げ当選みたいな論理で、てきとーに手近にいる猫や人間を替わりの攻撃対象にしてしまうと。 転嫁攻撃というんだそうだ。

こういう話を聞くと、猫とはなんとアホな生物よなと思うじゃないか。 まるでバグだらけのソフトウェアだ。

でもたぶん僕たち人間の心も、それとあんまり変わらないんだ。
生物の脳とか心というのは、そんな高品質のプログラムで動いていないんだと思う。 すんごい単純な仕組みでいい加減に作られてるんだよどうせ。

だからしょっちゅう間違いをおかす。
意味のない警報、意味のない命令、意味のない反応を連発してくれる。

そんな粗悪な出来の感情システムに、多くの人が振り回されてクタクタにさせられている。 このポンコツシステムが人類に与えたダメージは計り知れない。

自分の心は信用に値しない。ようやく最近そこに気付いたのさ。
これまでもそういう内容の本なりを読んだことはあった気がするんだけど、なぜか心に入らなかった。

さっきの猫の心の話と、昔の老人ホームの警報エピソードを思い出したとき、なんか突然に目覚めた。 ああ警報は嘘だったんだと。

認知症の老人が3ヶ月に1回ぐらいの頻度で押してた火災警報と同じぐらいの信頼性で自分の心の警報が発動していることを、やっと実感できるようになった。

特に理由もなく憂鬱な気分になったときは、 まーた誰かがスイッチ押したよ、まいったなぁ。 まぁ30分もすれば静かになるだろどうせ、

とそんな風に自分の心を突き放そう。
ぼくたちを苦しめるめくるめく脅威は、実際には存在しない。

COMMENT: 0

数字の「4」を大人っぽく書く方法

2017-07-29 18:00:26  |   軽めに

数字の「4」を書けと言われたらこんな風や・・↓

普通の4

こんな風に書く人が多いと思う。↓

普通の4その2

まさにこれこそ「4」じゃないか。
パソコンのフォントでも大体こんな形をしているよ4は。

しかし最近誰かの書いた字を見て気づいたんだけど、
こういう風にするとよりビターで渋い大人っぽい4になる。↓

大人っぽい4

2本の縦線を少し斜めに、かつ平行に書く。
いかにもお店の受付の人が書きそうなプロっぽい雰囲気になると思うのだがどうだろう。

COMMENT: 0

ポリ袋をかぶせられて窒息しないために

2017-05-30 09:24:57  |   軽めに

今はどうだか知らないけど、以前、人にポリ袋をかぶせて窒息死させる事件が相次いだ記憶がある。

ぼくは窒息死に強い恐怖があるから、そういうニュースが印象に残る。 またポリ袋か最近多いな・・なんかそんな時期があったと思うのだ。検索してもあんまり出てこないんだけど。

誰も助けに来ない部屋で一人ポリ袋をかぶせられ放置されるのは、大変な恐怖だ。 そんな目にあった人が確実に存在するのだと思うと、怖くて他人事ではない。

たぶんこのような状態に置かれるのだろう。↓

手足を縛られた状態

なんでこんなことをするのか犯人の意図がはっきりしない。
殺すつもりならさっさとやったほうが手堅いだろうし、殺すつもりがないにしては危険すぎる。

窒息死の可能性に思い至らず目隠しのつもりでやったのか、殺意がなかったとトボけるのに便利だと思ったのか、 殺したいけれども自分の手でやるのは嫌だったのか、あるいはわざと苦しめたかったのか。

とにかく何者かに袋をかぶせられるという可能性は結構ありそうだ。
何か対策はないのだろうか?手足が縛られた状態で袋をいかに破るか、ポイントはここである。

手足を縛られた状態

試しに袋をかぶって、手を使わずに歯でちぎれないかやってみた。
袋をくわえて歯でガリガリ削ってやろう作戦だ。

しかし全然ダメだった。
いくら歯と歯をすりあわせてみても、袋に穴は開かない。絶望的に開かない。 むしろ唾液でツルツルしてだんだん削る力が弱くなる感じだ。

袋を引っ張ることができれば、すぐに穴が開くのはわかるんだ。 しかし手足を縛られた状態で、顔の力だけでどうやって引っ張ればいい? 袋を何かに引っ掛けることができればいいんだけど・・。

とその時思いついたのがこの作戦。
袋を両膝ではさんでしまう。↓

袋を膝ではさんだ状態

はさんで固定したうえで、袋を歯でくわえて上に引っ張る。
どうだろう、この作戦は上手くいくだろうか?

素晴らしく上手くいくのである。
小さなポリ袋だとはさめる部分が少なくて苦労するけども、何度もやってればできる。 ポリ袋をかぶせられたときはこの方法で抜け出すといい。

もしも口を粘着テープで縛られていたら?
そしたら袋を口でくわえることができないんじゃないの?

たしかに、自由に声を出せる状態で犯人たちが放置していくと思えないから、 粘着テープを貼られている可能性はかなり高い。

テープが1枚ぐらいなら、口だけでもはがせる
唾液をベロベロに出して粘着力を弱めればいい。

でもテープで顔をぐるぐる巻きにされていたり、手足を逆エビで結ばれてひざが使えないときなどは、諦めるしかない。

最後に、この脱出方法を実際に試してみるのは構わないが、袋に穴が開いた状態でやらないと危ない。 うっかり窒息死する。袋はたとえ短時間でもかぶるものではない。

苦しくなったら取ればいいだけでしょ?

と思うだろうけど、二酸化炭素中毒でいきなり死んでしまうこともあるという。 ほら、ハンターハンターのモラウさんがライオンみたいな敵を二酸化炭素で即死させたじゃないか。

あんな風に自覚症状のないまま死ぬ可能性がある。
袋をかぶって遊ぶなと言われるのはそのため。

本当に即死できるなら、むしろかぶせられる人にとって朗報じゃないかという気がするけど、 ぼくが穴なしの袋で試した限りでは、だんだん酸素が薄くなって顔じゅうに汗が出てきて、 思い切り苦しそうに感じたがね。

COMMENT: 1

月別リンク(昇順)

  

このページの先頭へ