1cm100mブログ

AIがマンガを描く日はきっと来ない

2018-03-17 16:20:29  |   軽めに

昨今AIが世界を変えると話題にならない日がない。
何かとてつもなく恐ろしい未来が間近に迫っているのではないか、的な不安を覚えている諸君も多いことと思う。

SFみたいにロボットが人間を支配する日が来るかはともかくとしても、 AIを作れるのは大企業だけなわけだから、作る側の大金持ちだけが得をして、庶民はいなくてもいい存在になっていくのではないか。

みたいな心配をするじゃないか。 単純労働はじきにAIの仕事になるから、この先生き残るためには機械が真似できない知的能力を身に付けるしかない、 とはよく言われるところだ。

しかしこないだ読んだとある記事によればだよ、むしろ知的な労働のほうがAIの得意分野なんだってさ。 肉体を使う単純作業は物理的な面でロボットには難しいんだそうだ。

まぁ作業の中身にもよるんだろうけど、清掃とか介護なんて仕事をASIMO君みたいなロボットが行っている姿は、 たしかにあまりに未来的すぎる感じがする。

むしろ医者の診断とか弁護士なんかの知的労働のほうが、早い時期にAIに取って代わられるのではないか、と氏は力説する。 法律相談をどうやってロボットが行うのかイメージがつかめないけど、とにかくAIはすごいんだそうだ。

じゃあ思った。そのうちマンガなんかもAIが描く日が来るんだろうか。
ぼくは昔マンガ家を目指していたもんだからそこに興味がある。

既にAIが絵を描くのはいい線までいってるらしい。
そのうえあと30年くらいの間にAIの性能が劇的に上がる瞬間が来るのだそうだから、マンガぐらい余裕に守備範囲に収まってしまうだろうと考える人が多いのではないだろうか。

それでもぼくは思うのだ。
AIにマンガは描けないと。

というのも、面白い面白くないという人間の感情は非常に繊細で、合気道の技みたいに1mmポイントがずれただけで効かなくなってしまう。 人物の眉毛の角度がほんのわずかずれただけで、もう面白くなくなってしまうかもしれないのだ。

そういう世界をAIが支配するのはさすがに無理なんじゃないか、というのが1つ。

もう1つはだ、たしかAIって精度を上げるために膨大な機械学習が必要なんでしょ? じゃ面白いマンガを描くためには、膨大な数の面白いマンガをまずデータとして与えないといけないわけだ。

でも名作マンガって、そんなにたくさんないよね?
じゃデータぜんぜん足りないんじゃないの?

例えば鳥山明みたいな作品をロボットに描かせたいから、データをインプットしましょう。

となってもさ、せいぜい1万ページくらいしかないと思うよ、鳥山さんの作品全てかき集めても。 機械学習ってそんなんで足りるの?100億ページくらいは必要なんじゃないの?

囲碁の世界でチャンピオンになったアルファ碁というソフトは、 AI同士の対戦結果をデータとして学習していた、すなわち学習データそのものを自分で作っていた、というけれど、

囲碁は勝ち負けのルールが決まってるんだから、そんなこともできましょうよ。 でもマンガの面白い面白くないは人間が判断するしかないわけで、じゃAIの作った100億ページぐらいのマンガを人間が読んで、 この部分は面白いですねこの部分はダメですねここは鳥山明っぽいですね・・・

とかそんな風に学習させていく手間をかけられますかね?
難しいんじゃない?

加えてだ、面白さの基準ってどんどん変わっていくじゃないか。
30年前の名作マンガは今読めばあんまり面白くないかもしれない。最初読んだ時は新鮮で面白かったギャグも、2回目3回目はぜんぜん面白くないかもしれない。

囲碁や自動車運転の世界と違って、マンガはルールそのものが変化していく。

そういうもろもろの困難を乗り越えて、やっとのこと過去の名作っぽい作品を作れたとしてもだよ、 明らさまに作風をパクっているその作品は読者から軽蔑されるだけかもしれない。 読者は名作とそっくり同じマンガなんて求めてやしない。

ということでぼくは30年後も100年後もAIはマンガを描いていないと思う。 そう信じたい。

それでもできるというならやってみせろよ、AI来いよおらカマーン (屮゜Д゜)屮

と私は言いたいのである。

COMMENT: 1

数字の「4」を大人っぽく書く方法

2017-07-29 18:00:26  |   軽めに

数字の「4」を書けと言われたらこんな風や・・↓

普通の4

こんな風に書く人が多いと思う。↓

普通の4その2

まさにこれこそ「4」じゃないか。
パソコンのフォントでも大体こんな形をしているよ4は。

しかし最近誰かの書いた字を見て気づいたんだけど、
こういう風にするとよりビターで渋い大人っぽい4になる。↓

大人っぽい4

2本の縦線を少し斜めに、かつ平行に書く。
いかにもお店の受付の人が書きそうなプロっぽい雰囲気になると思うのだがどうだろう。

COMMENT: 1

ポリ袋をかぶせられて窒息しないために

2017-05-30 09:24:57  |   軽めに

今はどうだか知らないけど、以前、人にポリ袋をかぶせて窒息死させる事件が相次いだ記憶がある。

ぼくは窒息死に強い恐怖があるから、そういうニュースが印象に残る。 またポリ袋か最近多いな・・なんかそんな時期があったと思うのだ。検索してもあんまり出てこないんだけど。

誰も助けに来ない部屋で一人ポリ袋をかぶせられ放置されるのは、大変な恐怖だ。 そんな目にあった人が確実に存在するのだと思うと、怖くて他人事ではない。

たぶんこのような状態に置かれるのだろう。↓

手足を縛られた状態

なんでこんなことをするのか犯人の意図がはっきりしない。
殺すつもりならさっさとやったほうが手堅いだろうし、殺すつもりがないにしては危険すぎる。

窒息死の可能性に思い至らず目隠しのつもりでやったのか、殺意がなかったとトボけるのに便利だと思ったのか、 殺したいけれども自分の手でやるのは嫌だったのか、あるいはわざと苦しめたかったのか。

とにかく何者かに袋をかぶせられるという可能性は結構ありそうだ。
何か対策はないのだろうか?手足が縛られた状態で袋をいかに破るか、ポイントはここである。

手足を縛られた状態

試しに袋をかぶって、手を使わずに歯でちぎれないかやってみた。
袋をくわえて歯でガリガリ削ってやろう作戦だ。

しかし全然ダメだった。
いくら歯と歯をすりあわせてみても、袋に穴は開かない。絶望的に開かない。 むしろ唾液でツルツルしてだんだん削る力が弱くなる感じだ。

袋を引っ張ることができれば、すぐに穴が開くのはわかるんだ。 しかし手足を縛られた状態で、顔の力だけでどうやって引っ張ればいい? 袋を何かに引っ掛けることができればいいんだけど・・。

とその時思いついたのがこの作戦。
袋を両膝ではさんでしまう。↓

袋を膝ではさんだ状態

はさんで固定したうえで、袋を歯でくわえて上に引っ張る。
どうだろう、この作戦は上手くいくだろうか?

素晴らしく上手くいくのである。
小さなポリ袋だとはさめる部分が少なくて苦労するけども、何度もやってればできる。 ポリ袋をかぶせられたときはこの方法で抜け出すといい。

もしも口を粘着テープで縛られていたら?
そしたら袋を口でくわえることができないんじゃないの?

たしかに、自由に声を出せる状態で犯人たちが放置していくと思えないから、 粘着テープを貼られている可能性はかなり高い。

テープが1枚ぐらいなら、口だけでもはがせる
唾液をベロベロに出して粘着力を弱めればいい。

でもテープで顔をぐるぐる巻きにされていたり、手足を逆エビで結ばれてひざが使えないときなどは、諦めるしかない。

最後に、この脱出方法を実際に試してみるのは構わないが、袋に穴が開いた状態でやらないと危ない。 うっかり窒息死する。袋はたとえ短時間でもかぶるものではない。

苦しくなったら取ればいいだけでしょ?

と思うだろうけど、二酸化炭素中毒でいきなり死んでしまうこともあるという。 ほら、ハンターハンターのモラウさんがライオンみたいな敵を二酸化炭素で即死させたじゃないか。

あんな風に自覚症状のないまま死ぬ可能性がある。
袋をかぶって遊ぶなと言われるのはそのため。

本当に即死できるなら、むしろかぶせられる人にとって朗報じゃないかという気がするけど、 ぼくが穴なしの袋で試した限りでは、だんだん酸素が薄くなって顔じゅうに汗が出てきて、 思い切り苦しそうに感じたがね。

COMMENT: 1

「必要」という言葉には「必ず」という意味があるんだろうか?

2017-02-28 10:08:22  |   軽めに

「必要」という言葉は、「必ず要る」と書く。
「必ず」とは、絶対にとか例外なく、という意味だよね?

じゃ、例外なく絶対に要る、ことを以って「必要」というわけだ。
だからこそ「必ず必要」という言葉は、よく誤りの例として出されるのだ。

だとすればだ、〇〇は必要です、と言った後に、
でも要らない場合もありますけどね、

と但し書き的に付け加えるのは、間違いなんだろうか?

よくあるじゃないかそういう使い方、
年に1回の更新料300円が必要です。プレミアム会員であれば要りませんけど。

みたいなやつ。
最初に原則を説明して、後から例外的ケースを挙げていくというやり方ね。

こういうの日本語として不自然ではないと思うんだけど、よく考えると危なっかしい気もする。 絶対に要るんですよと最初に言っておきながら、要らないケースもあるからよろしく・・何じゃそりゃという感じじゃないか?

明日のパーティー?絶対行くよ。
まぁ行かないかもしれないけど。

って言ってるのと同じなんじゃないだろうか?
「必ず必要」という言葉が間違いだというなら、なぜこっちは問題にならないのだ。

気になる人は、「必要」という言葉を「要る」に換えればいいのかもしれない。
更新料300円が必要です→更新料300円が要ります。

それで大抵は足りる。

でも、例えば「必要書類」という言葉をどう言い換えればいい?
「要書類」なんて言葉は聞かないし。

「必要書類」と謳うとき、それがどんな場合でも絶対に要る書類の集まりであることは、むしろ少ない。 大体何かしらの例外が混じってるわけさ。

そういう例外混じりの必要物を的確に表す言葉が、今の日本語には欠けていると思うのだ。 必要書類に代わる言葉よ、出でよ。

いや、そもそも「必要」の「必」には、絶対にとか常にといった意味は込められていないんですけど、

と根っこから反論をする人もいるかもしれない。
もっと軽い意味なんだよと。

まぁたしかにそんな風に思えないこともない。
「そんなことをする必要がどこにあるの?」と誰かが言うとき、絶対どうあってもそれをしなければいけないの?他に手はないの?

というニュアンスは込めないからね普通。
もっと軽めの・・そうね、そんなことをするメリットがあるの?ぐらいの意味で使う。

木が生えてなくても木星と呼ぶように、緑っぽくても青信号と呼ぶように、田中さんが田んぼの中に住んでるわけではないように、

漢字の表す意味どおりに解釈しなくていいんだよただの名前だよラベルだよ、 と考えれば、とりあえずOKなのかもしれない。

でもそれだったら、「必ず必要」という言い回しも許可しないといけない。
だって「必要」の「必」は意味なんてないただのラベルなんだから、「必ず」と重複してないことになる。

田中さんが田んぼの中にいます、と同じだネ。
ぜんぜん重複してないのだ。

しかし世間一般的には、「必ず必要」は愚かな言い回しの代表格みたいな扱いになってないだろうか。 頭痛が痛いと同じで。

「必」に意味はあるのかないのか、はっきりさせてほしいと思う。
こんな紛らわしい言葉を考えた輩は誰なんだろう。実に迷惑なことだね。 なんで「必」という言葉を頭に付けたんだろう。

試しにあれだ、
「必要」という言葉が今日から「乙要」に入れ替わったら、と考えて見たまへ。

必ず乙要、乙要書類、そんなことする乙要ある?
これらは全て自然で、面倒な問題など何も起こらなかったのだ。 こっちの方が優れている。

必要を乙要に取り替えることで日本人は幸せになれると思う。

ちなみに「必要書類」に抵抗がある人は、「提出書類」という言葉を使うといいかもしれないな。 今思いついた。

COMMENT: 0

月別リンク(昇順)

  

このページの先頭へ