「必要」という言葉には「必ず」という意味があるんだろうか?

2017-02-28 10:08:22  |   軽めに

「必要」という言葉は、「必ず要る」と書く。
「必ず」とは、絶対にとか例外なく、という意味だよね?

じゃ、例外なく絶対に要る、ことを以って「必要」というわけだ。
だからこそ「必ず必要」という言葉は、よく誤りの例として出されるのだ。

だとすればだ、〇〇は必要です、と言った後に、
でも要らない場合もありますけどね、

と但し書き的に付け加えるのは、間違いなんだろうか?

よくあるじゃないかそういう使い方、
年に1回の更新料300円が必要です。プレミアム会員であれば要りませんけど。

みたいなやつ。
最初に原則を説明して、後から例外的ケースを挙げていくというやり方ね。

こういうの日本語として不自然ではないと思うんだけど、よく考えると危なっかしい気もする。 絶対に要るんですよと最初に言っておきながら、要らないケースもあるからよろしく・・何じゃそりゃという感じじゃないか?

明日のパーティー?絶対行くよ。
まぁ行かないかもしれないけど。

って言ってるのと同じなんじゃないだろうか?
「必ず必要」という言葉が間違いだというなら、なぜこっちは問題にならないのだ。

気になる人は、「必要」という言葉を「要る」に換えればいいのかもしれない。
更新料300円が必要です→更新料300円が要ります。

それで大抵は足りる。

でも、例えば「必要書類」という言葉をどう言い換えればいい?
「要書類」なんて言葉は聞かないし。

「必要書類」と謳うとき、それがどんな場合でも絶対に要る書類の集まりであることは、むしろ少ない。 大体何かしらの例外が混じってるわけさ。

そういう例外混じりの必要物を的確に表す言葉が、今の日本語には欠けていると思うのだ。 必要書類に代わる言葉よ、出でよ。

いや、そもそも「必要」の「必」には、絶対にとか常にといった意味は込められていないんですけど、

と根っこから反論をする人もいるかもしれない。
もっと軽い意味なんだよと。

まぁたしかにそんな風に思えないこともない。
「そんなことをする必要がどこにあるの?」と誰かが言うとき、絶対どうあってもそれをしなければいけないの?他に手はないの?

というニュアンスは込めないからね普通。
もっと軽めの・・そうね、そんなことをするメリットがあるの?ぐらいの意味で使う。

木が生えてなくても木星と呼ぶように、緑っぽくても青信号と呼ぶように、田中さんが田んぼの中に住んでるわけではないように、

漢字の表す意味どおりに解釈しなくていいんだよただの名前だよラベルだよ、 と考えれば、とりあえずOKなのかもしれない。

でもそれだったら、「必ず必要」という言い回しも許可しないといけない。
だって「必要」の「必」は意味なんてないただのラベルなんだから、「必ず」と重複してないことになる。

田中さんが田んぼの中にいます、と同じだネ。
ぜんぜん重複してないのだ。

しかし世間一般的には、「必ず必要」は愚かな言い回しの代表格みたいな扱いになってないだろうか。 頭痛が痛いと同じで。

「必」に意味はあるのかないのか、はっきりさせてほしいと思う。
こんな紛らわしい言葉を考えた輩は誰なんだろう。実に迷惑なことだね。 なんで「必」という言葉を頭に付けたんだろう。

試しにあれだ、
「必要」という言葉が今日から「乙要」に入れ替わったら、と考えて見たまへ。

必ず乙要、乙要書類、そんなことする乙要ある?
これらは全て自然で、面倒な問題など何も起こらなかったのだ。 こっちの方が優れている。

必要を乙要に取り替えることで日本人は幸せになれると思う。

ちなみに「必要書類」に抵抗がある人は、「提出書類」という言葉を使うといいかもしれないな。 今思いついた。

名前

コメント

返信はできませんが、なにか一言ございましたら・・  m(_ _)m

管理者だけに公開する

COMMENT :  0

月別リンク(昇順)

  

このページの先頭へ