模写だとけっこう描けるのにな、な人

2017-03-31 17:29:31  |   マンガ

模写だとそこそこ上手く描けるのに、オリジナルの絵となると目も当てられない。 絵の練習をしてる人には多いと思う。ぼくもそう。

手の器用、不器用は関係ないんだろう。
上手く見える形を知っているかそうでないかの問題だ。

顔でも身体でも、こういうデザインで描けばかっこ良く決まるという形があるんであって、 自分で描くときはその正解の形がわからないから下手っぴになるんだ。それが一番の原因なんだと以前からわかっていた。

ただ、それだけじゃない気もしていた。
模写をしてる時と自分の絵を描いてる時とで、どうも使っている脳の部分に違いがあると感じる。

模写をしてる時はだ、なんとなく脳にジワーッという負荷がかかるんだよ。
気持ちのいい重みを脳に感じる。

それが自分の絵を描いてる時は、脳がスカスカと軽いのだ。
いかにも絵の描き方が雑になっている気がする。メモ帳になぐり書きしてる時みたいになってる。

じゃあゆっくり丁寧に描こうと意識しても、何だろうね、なんかが違う。
脳にジワーッが来ない。

気を練れていないというか、自分の悪い手癖に従って手が勝手に動いてしまっているという嫌〜な感じがある。 虚ろな状態なんだ。

だから自分の絵を描く時にぼくは、まず模写をして脳のジワーッ感覚を得て、その感覚をなるたけ維持したままオリジナルの絵を描く。そしてジワーッが切れてきたらまた模写を。

という風にしていた。涙ぐましい努力だ。
痛み止めを打ちながらマウンドに立ち続けるピッチャーみたいだ。

そしてあれだ、そんなことを繰り返している内に、ついに私は気付いてしまった。 模写モードとオリジナルモードとで、脳に生じる違いの正体に。

それはあれよ、親指の感覚だったのだ。

模写モードの時のぼくはだ、ペンを持つ親指の腹の部分に、いつも意識を向けていたようなんだね。 力を入れるわけではないけど感覚を集中させていて、それによって指先にむずがゆさが生じていた。 点字をなぞって読もうとするときみたいに。

そのむずがゆさこそが、さっきから言っている脳のジワーッの正体で、 実は脳ではなく指から出ていたものだったというわけ。

一方で自分の絵を描く時は、親指に意識を向けることなくなんとなく鉛筆を持っているだけだった。 だから何かスカスカした感じで頼りなかった。物足りなかった。

親指に意識を向ければ、自分の絵を描いてる時もだいぶジワーッを得られる。 模写モードと完全に一緒というわけでもないけど、まぁいい感じだ。

ぼくの場合は親指の腹だったけれど、人によっては人差し指かもしれないし、中指の側面かもしれない。 とにかく模写をしてる時の指先の感覚を覚えておくのは良いことだと思うよ。

ジワーッを感じなから絵を描けばそんなに違うのかといえば実はそうでもなくて、 よく見れば何も感じていない時の絵とあんまり変わらなかったりするんだけど、

大事なのは絵を描いていて楽しいかどうかだ。
ジワーッがあると、無い時より描くのが楽しくなる。いい精神状態で描ける。

自分が聖なるオーラによって守られてるような充実感がある。
良い絵も描けるに違いないと自信も湧いてこようというものさ。

名前

コメント

返信はできませんが、なにか一言ございましたら・・  m(_ _)m

管理者だけに公開する

COMMENT :  0

月別リンク(昇順)

  

このページの先頭へ